デリヘル

デリヘルで働いて

学費を稼ぐためにデリヘルで働いていたことがあります。
母は私が中学生の頃になくなり、父は身体に障害があります。
親戚のところで高校時代を過ごした私は、親戚との折り合いが悪く、東京に出たくて仕方ありませんでした。
コンビニのアルバイトで貯めた学費では大学に通うお金にはとても足りません。
それでも入学金だけは何とかなったので、後は奨学金をもらうと言って、上京しました。
それが18歳のときです。
すぐに19歳になったので、女性用の風俗求人誌を見てデリヘルに応募したのが、この業界に入る始まりでした。
地味な恰好の私が、18時を過ぎるとまつ毛にエクステを施し、ルージュをひいてデリ嬢に変わるのです。
あまり派手な恰好ではお客様に人気が出ません。
清楚な女子大生がお客様のニーズなのです。
ホテルや自宅に派遣され、お客様の要望や欲望に応えるのが私の仕事でした。
最初は戸惑うことばかりでしたが、先輩嬢から、どうせやるのならば楽しんでやりなさいという言葉をもらって、気持ちが楽になりました。
それ以来、どうやったらお客様が喜んでくれるのだろうかと研究をしたり、記録を付けたりするようにして、工夫を始めると次第に人気が出て来たのです。
頑張れば結果として還って来るのが、風俗の世界と思います。
女の子でもお客様をさげすんだり馬鹿にしたりする子は人気が出ずにすぐに辞めてしまいます。
お客様を味方にし共存共栄で歩んで行けるとお金も稼げるし、仕事も楽しくなると思います。


埼玉のデリヘル情報が集結!

埼玉の風俗デリヘル情報サイトです。地域別検索、最新ニュースなど。
www.sai-deli.jp/


私にも出来た彼氏

異性に興味はあるものの。
恋愛にはどうしていいのか分からないし、男性にどうやって接していいのかまったく分からない私ですから、大学生になるまで彼氏なんて出来たことはありませんでした。
高校も共学ではあったのですが、男子と話す機会もあまりなかったのです。
大学生になって、たまたま友達と一緒にいた時に、話に割って入って来たのが、彼との出逢いでした。
明るい印象の彼は、イメージ通り話しやすい印象を受けました。
すごく明るくて、人見知りの激しい私でもすんなり打ち解けることが出来たのです。
学校内で会えば話すし、友達数人で遊びに行くこともありました。
そして、彼から告白してきたのです。
大人しい私なんかになんでだろうと思ったら、明るい彼からしたら控えめなタイプが好みだったのだとか。
実は会う度に、話す度に好きになっていた私。
凄く嬉しくてもちろんOK。
彼と一緒に過ごす時間、ご飯を食べたり、何にもないところを一緒に歩くだけでも凄く素敵な時間になります。
彼氏がいるってだけで、毎日幸せ。


最近のデリヘルに来る男性客

最近遊びに来る男性客の傾向として「巧妙に口説く」人が多くなった気がします。
というのも、前から口説いてくる男性客はいたのです。
その多くが大体が初めて会った日に「連絡先教えて」とか「付き合おうよ」と言った感じで口説いてくるのです。
しかし最近では慎重なのかなんなんのかは分かりませんが3回ほど遊びに来てから、遅い人になると5回位遊びに来てから口説いてくるのです。
そんなに指名されて仲良くなった状態で口説かれるとこちらもキュンとしてしまいます。
そして2人と付き合ってしまいました。
そして付き合ったらもちろん最後までやることになりますよね。
そうなったら男性は満足してしまうのか以前の優しさはどこ?といった感じに別人になってしまいます。
でも、「この人もそうなってしまうのかもしれない」と思ってはいても優しくされたら「いいなぁ」とおもって簡単に股を開いてしまうのです。
私と同じように「風俗店に来るような客と付き合いたくない」って言っているデリヘル嬢は多いのですが、出会いも無いのかそうなってしまう子は結構多いです。
そして一度付き合ったらそれが当たり前のようになってしまうのです。


風俗について

風俗店の種類や解説など。
ja.wikipedia.org/wiki/


デリヘル店で働くことになった日

今でこそデリヘル店で3年ほど働いているので慣れっこですが、デリヘル嬢となって最初のお客さんの時はかなり緊張しました。
働く前は「ただエッチすればいいんでしょ?」と思っていたのですが、いざお客さんを目の前にすると、キスをするのにためらったり、あそこを触るのにもビクビクしたりしていました。
しかも背中に入れ墨があったので恐らくヤクザの人だとは思ったのですがもしこの人に「挿れさせて」なんて言われたら断れるかどうか自信がありませんでした。
しかし、そのお客さん、かなりのドMだったみたいで「乳首噛んで」と要求してくるのでした。
しかも噛んだらかんだで「もっと噛んで」と言ってきたり私の事を「お姉たま〜」と言って甘えてくるのです。
強面の人が急に甘えてくると「気持ち悪い」と思うのが普通かもしれませんが、当時の私はとにかくホッとしたと言う方が強く、「かわいいなぁ」と思ってしまったのです。
そして連絡先を交換してしまい何度か外で会うことに。
付き合うことはありませんでしたが、何度も告白はされました。
仲良くなり性壁も分かるとヤクザの人も怖く見えなくなりました。
最初にそんな人に当たってしまったものだからその後はどんな人が来ても平気に対応できています。


風営法について

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律
law.e-gov.go.jp/


ふた回り上の

私がデリヘル嬢になったばかりの頃です。
右も左も分からない状態の私に対して色々教えてくれるのはスタッフでなくお客さんでした。
そんなお客さんですが、いい人もいれば嫌な人もいます。
私がデリヘル嬢になって1日か2日位たった時のことです。
まだまだ新人の私はお客さんの元に行ったと思ったらホテルを間違えてしまいました。
結局30分遅れで到着するという失態をしてしまったのですが、お客さんはカンカンでした。
「オプションプレイの1つや2つ付けてくれるよね」と高圧的な態度で言ってきました。
フェラしているときも私の頭をつかみ奥まで咥えさせようとするのです。
むせると「ちゃんとしゃぶれ」と言って横柄な態度を取ってきます。
「こんなやつもう嫌だ」と思っていたのですが、その後もそいつから指名を受けました。
いやで仕方なかったのですが仕事なのでもちろん顔には出しません。
結局何度も指名されるうちに恋愛感情に似たものが芽生えてしまい最終的に彼の愛人になってしまいました。
しかも最後は捨てられるという有様。
ふた回りも上のオヤジに振り回された人生ですがデリヘル嬢になってよかったと思っています。
みなさんもデリヘル嬢になれば最初はいやだったけど徐々に好きになっていくという経験をされると思いますよ!


埼玉の高級デリヘル店で働いていた時のこと

私は以前アイドルをしていたのですが、アイドルの収入が全くと言っていいほどなかったためバイトを何個か掛け持ちしていました。
しかしそんな中、「物凄くいいお金になるところ知ってるよ」と友達から言われ何か聞いたらそこは高級デリヘル店でした。
もちろんそんな事をばれたらアイドルはクビになるのですが、「話だけもいいから聞いてみない?」と言われたので軽い気持ちで行ってしまいました。
するととんとん拍子に話は進み、なんと断る間もなく面接したその日から働くことになってしまいました。
最初についた常連というお客さんがものすごくいい人で「これは働きやすい」と思った私はその日結局3人のお客さんと遊ぶことになりました。
お金がものすごく良く「こんなにもらえるの?」という感じだったのでその後も働かせてもらうことにしました。
結局ばれてクビになってしまったのですが、あのままアイドルを続けていてもパッとしないまま終わってしまうので今となっては良かったと思っています。
むしろアイドルをしている間もデリヘルで働いていたらもっと稼げていたのにと思ってしまうくらいです。
夢を見るのはいいことかもしれませんがそこにお金がついてこなかったり、実力以上のものを求めてしまったら何にもならない事が分かって良かったです。

風俗日高デリヘルスタイル 埼玉風俗スタイル 風俗深谷デリヘルスタイル 風俗富士見デリヘルスタイル 風俗ふじみ野デリヘルスタイル 風俗松伏デリヘルスタイル 風俗三郷デリヘルスタイル
埼玉デリヘルスタイル 風俗皆野デリヘルスタイル 風俗宮代デリヘルスタイル 風俗三芳デリヘルスタイル 風俗毛呂山デリヘルスタイル 風俗八潮デリヘルスタイル