デリヘル

失恋

私は失恋したら、本を読むようにしています。
普段読んでいるのは評論や歴史、実用書などノンフィクション作品ですが、失恋した時は有名な文豪の作品を選びます。
有名な文豪の作品であれば比較的安い価格で販売されているため、一度に複数の本を買うことができます。
小説の中では主人公が幸せになることもあれば、理不尽な境遇に立たされることもあります。
時代によっては悲劇が好まれることもあったので、必ずしも心が明るくなるハッピーエンドではありません。
読み終わった後に気持ちが重くなることもあります。しかしその重さは失恋によるものではありません。
作品に心の傷めた時点で、失恋のことはタイムリーな問題ではなくなります。時間が経って忘れるのを待つより、新しい刺激を得て心に変化をもたらす方が合理的です。
文豪の人物像を調べると、その人の生い立ちや生きた時代が作品に反映されることもあり、教養を深めることにもつながるので、失恋がどうでもよくなります。